HOME >  夫の浮気調査ガイド >  そのとき妻がとるべき行動

そのとき妻がとるべき行動

夫の浮気に対して妻は、どう対処すべきなのでしょうか?
このようなことは頭で考えてもなかなか思うようにはいかないものですが、「怪しい」という疑いがあるのなら、やはりハッキリさせることが先決でしょう。

決定的な証拠を押さえる

まずは、本当に夫が浮気をしているのかどうかを見極める必要があります。

「帰宅が遅くなった」とか「携帯電話を手離さなくなった」というだけで、「浮気をしている」と断定することはできません。本当に仕事が忙しくて帰りが遅くなっているだけかもしれませんし、その仕事の関係で携帯電話を持っていなければならないことだって十分にありえます。もちろん、休日に接待ゴルフに出かけることも決して不思議なことではありません。

もっとも、妻が「夫が浮気しているかも・・・」と疑っている場合、実は心の奥底では、「ほぼ間違いない(浮気している)」と、確信的に思っているのではないでしょうか?
気持ちの中では確信を持ちながら、証拠をつかめずモヤモヤとしているよりも、やはり浮気調査のプロに依頼して、決定的な証拠をつかんだほうがいいでしょう。

自分自身で証拠集めに動いてしまい、夫に察知されて、さらに証拠をつかみにくくなってしまっては元も子もありません。法的に有利になるような証拠を押さえてこそ、不貞を働いた夫に対して優位な立場でいられるのです。

離婚したくない

離婚したくないのであれば、夫の気持ちが完全に浮気相手に移ってしまわないうちに別れさせれば、やり直すことも可能ですし、浮気相手に交際中止および慰謝料の請求も可能です。

浮気相手に対して、「夫と別れて」と口頭で伝えるよりも、法律に則った形で金銭を要求するほうが、「不倫」という不道徳なことをしている現実を痛感するはずです。

浮気した夫を許せない

また、どうしても夫を許すことができず離婚という方法を選ぶのであれば、交際し始めの時期というのは証拠が取りやすいものです。決定的な証拠さえあれば、夫への慰謝料・浮気相手への慰謝料の請求が可能ですし、妻にとっては有利に離婚を運ぶための材料になります。

夫の浮気を疑ったまま、いつまでも疑心暗鬼になっていると余計に夫婦関係を悪化させる原因にもなりかねませんし、そうなると夫は、なおのこと浮気相手へ逃げることになります。
このようなことのないようにするには、やはりプロに依頼してハッキリさせたほうがいいでしょう。

その結果が「白」であれば問題ありませんが、仮に「黒」であったとしても、その事実を確認できるので、気持ちの整理がつき、本当の意味で吹っ切れることができるはずです。

女性の「カン」はあてになる?

一般に女性は男性に比べると「カンが鋭い」と言われています。
これは実は、単なる「カン」と言うよりも、「観察力がある」と言ったほうが適切でしょう。つまり、「思いつき」や「思い込み」といった類いの不確かなものではなく、物事の本質や真実を「見抜く目」を持っているということです。

そのため、日常生活の中で特に意識していなくても、普段から夫の行動を観察しているので、ほんのわずかでもいつもと違う点や、ヘンなところがあると、すぐに「あれ?」「ん?」と直感的にピンとくるものです。
そして、それは前述したように「思い込み」などではなく、ズバリ、当たっていることのほうが多いのです。いや、「多い」というより、むしろ「ほとんど」と言っていいでしょう。

男性・女性に関わらず、相手の浮気を疑った時点で、その可能性は極めて高く、ましてや洞察力に優れた女性の場合は、その確率が100%近くにまで達すると言われています。
では、どうするか? ということになるわけですが、このような場合、女性は親や兄弟姉妹、友人に相談することが多いものです。

しかし、この場合、「相談」といっても、実際には本人の中ではすでに何らかの決断をしているもので、相手に同意や共感をしてほしいだけで、心の中では「やり直したい」あるいは「別れたい」といったように、気持ちはハッキリしているのです。
いずれの場合であれ、早い段階で夫に浮気を認めさせて対処することで、妻の思うように事が運びやすくなります。