HOME >  パートナーとの決着のつけ方 >  浮気相手に慰謝料を請求する

浮気相手に慰謝料を請求する

浮気は、「つい出来心で・・・」で済むようなものではありません。
「浮気」は、法的には「不貞行為」という、れっきとした「犯罪」です。

その浮気相手が原因となって、婚姻関係が破綻し、離婚へと至ったケースの場合、大きな精神的苦痛を受けていることになるので、浮気相手は当然のごとく、その責任を負うことになります。
したがって、不貞の場合には、浮気相手に対しても慰謝料を請求することが可能となるわけです。

浮気相手にも慰謝料を請求できる

その場合は、まず内容証明郵便で慰謝料請求および交際の中止の請求を行なうのが一般的です。
ただ、この際に確固たる証拠がなければ、浮気相手に逆に詰め寄られたり、最悪の場合、名誉棄損で訴えられる恐れがあります。

そのため、夫・妻への慰謝料請求の場合と同様、事実確認をしっかりと行なう必要があり、そのうえで浮気相手に請求をすれば、慰謝料を払わざるえなくなります。このような浮気相手への慰謝料の請求のことを「第三者請求」呼びます。
この第三者請求が裁判で認められた場合の平均的な金額は100~200万円です。

例えば、夫が不貞を働いた事実があり、その夫自身に対する慰謝料および愛人(浮気相手)に対する慰謝料を請求する場合、夫の心理としては「自分の家庭問題(夫婦不仲、離婚云々等)に浮気相手を巻き込みたくない」といった心情があるのが一般的です。
そこで、第三者請求を行なわないことを条件に、慰謝料・財産分与額を増額させるといった形で解決する方法も多用されています。

金銭的な事柄だけを考えれば、このような交渉を行なったほうが慰謝料が高額になる傾向が見られます。

しかし、浮気相手に対する制裁や、「社会的な責任を負わせる」といった意味合いを強く望むのであれば、浮気相手にもしっかりと請求を行なうべきでしょう。こうした方法をとる場合は、浮気相手の身元が明らかになっていることが絶対的な前提条件となるのは言うまでもありません。

相手の素性が確かではない場合は、探偵社に依頼すると解決が早いでしょう。

浮気相手への慰謝料の請求額は

これは、夫・妻に対する慰謝料の請求額と同じで、いわゆる「相場」と言えるものはありません。
また、浮気相手がどのような人物(職業等)かによっても請求可能な額は大きく異なってきますので、探偵社に依頼するなどして、はっきりさせておきましょう。

請求額の相場については、一概には言えませんが、過去の判例では100~300万円といったケースが多いようなので、このあたりを「目安」と考えておくといいでしょう。