離婚する

「離婚しよう」
こう決断するに至るには、相当、悩み、傷つき、そして苦しみ抜いた末のことであるはずです。
しかし、まだ相手(妻・夫)と真正面から向き合い、そして腹を割って徹底的に話し合っていないのなら、そう簡単に「離婚」という重大な結論を出すべきではないでしょう。

離婚にはエネルギーを要することを覚悟する

当たり前のことではありますが、結婚は1人ではできないように、離婚も1人ではできません。一度は深く愛し合った2人が合意して結婚したのですから、離婚もやはり2人の合意の上になされるべきであり、また、そうでなければ離婚はできません。

この先、自分の人生において後悔しないためにも、今こそ相手と自分自身と向き合う必要があります。もし、こうした手順を踏まなければ、完全に吹っ切ることができず、離婚後、寂しさや孤独感に襲われたり、ズルズルといつまでも引きずることになりかねません。

まずは事実確認、結論はそれからでも遅くない

さて、相手が浮気をしたという事実や、その理由などすべてを確認し、相手の本心を十分に理解したうえで、それぞれ別の人生を歩む道を選択したのであれば、それはやむを得ないことと言えるでしょう。そもそも、出来心による浮気ではなく、本気で相手にのめり込んでしまったのであれば、相手の気持ちはもう戻ってはこないでしょう。

いずれにせよ、離婚という手段を選択するのであれば、まず事実を知り、相手と本気で向き合い、自分自身が本心から納得することが何より大切です。
そのためには、相当なエネルギーを必要とします。女性は比較的、気持ちを切り替えが上手ですが、男性はナイーブな傾向が強いので特に注意が必要です。男性の場合、女性のように誰かに相談することもできず、1人ですべてを抱え込んでしまう傾向が強くあります。

しかし、計り知れないほど多くのエネルギーを使うことを、たった1人で抱え込んで、すべてをうまく処理するなどということは到底不可能です。誰かに話を聞いてもらうだけでも、気持ちがかなり楽になれるものですから、とにかく信頼できる身近な人に相談しましょう。

探偵社に依頼した人は、その後の離婚相談もしている

パートナーの浮気を確認し、事実関係を明らかにしたいのなら、やはりプロに調査を調査を依頼すべきでしょう。

これは、相手に認めさせる証拠を集めることが最大の目的ですが、事実を知るのと知らないのでは、精神的に大きな違いがあります。誰にも覆しようのない、嘘偽りのない事実、ぼんやりとした「影」に過ぎなかった浮気相手の正体・・・、すべて明らかになります。

こうすることによって、精神的にもスッキリしますし、同時に踏ん切りがつき、前に進むための大きな足がかりになるはずです。そして、慰謝料の請求や訴訟など、離婚協議を有利に進めるための証拠として絶大な効力を発揮します。

探偵社に浮気調査を依頼し、夫や妻が「黒」だと確定した場合は、その後の法的手続きについても引き続き相談すれば、親身に対応してもらうことができ、適切なアドバイスを受けられます。